借りるところを比較してキャッシングをすぐする兄妹

光熱費をキャッシングで

電気が止まってしまった経験、ありますか?
お金に困ると、どうしても光熱費などを滞納してしまうことがあるかもしれません。
まさか、すぐには止まらないだろうとタカをくくっていたところ、滞納してすぐに電気が止まってしまったという人もいると思います。
電気が止まると、冷蔵庫のものも駄目になってしまいますし、洗濯物も洗えません。洗濯物をコインランドリーに持って行くにもお金がかかってしまいますよね。
どうにかして電気代を支払いたい。でも、今の手持ちは数百円。あと数日で給料日。それまで我慢できればいいけれど、ちょっともう我慢するのは無理かも……。
そんな状況の時に利用するのをオススメしたいのが、キャッシングやカードローンです。
キャッシングやカードローンは10万円以上じゃないと貸しません、という会社ばかりでなく、1万円からキャッシングできます、というところがほとんどです。
給料日まであと数日であれば金利もさほど高くならないでしょうし、それを利用して電気代を支払ってしまうのも一つの手になります。そうすれば、冷蔵庫も使えますし、洗濯もできます。それに、暗い部屋の中で過ごす必要もないでしょう。
ただし、注意しなければならないこともあります。
キャッシングやカードローンの金利は、借りる額が少ないほど金利が高くなる傾向があるようです。ですから、電気代だけ借りたいということで1万円だけ借りたとすると、10万円を借りるよりも金利が高くついてしまう可能性があります。そこは理解した上で、キャッシングやカードローンを利用するようにして下さい。最近は一定期間は金利を課さないキャッシング会社もあるようです。

このカテゴリには記事がありません。